2009年11月30日

エウレカセブン設定看破について

パチスロ、エウレカセブンの設定看破法について、ROM解析がまだ攻略雑誌系からでないようですが、それには理由があるようです。

とその前に、エウレカセブンの設定が看破できるかといえば、、
はっきりいって、
1か6でないと無理!

と断言します。
2〜5なんて、決定的な格差なんてのは、エウレカには存在せず、せいぜい、REGの振り分け率程度しか目に見えて出てこないが、そんなもの、1日で収束するような代物とは思えないし、偶数設定、奇数設定が分かってもあまり意味ないような気もします。

誌上プロでも結局、1と6しか分からなかったですしね。

設定看破できたとしても、相当に打ち込まないと無理でしょうしね。

それに、このエウレカセブンの基本は、

「ねだるな、勝ち取れ」 
「勝ちにいくんだ!!」という気合が大事。

REGと特殊リプ時の6択(実際は5択)の押し順を当ててこそ、勝利がある台と思うべし。
この台は、粘り抜くのではなく、勝ちぬけにいく台。
期待収支を超えたら、止めるのが一番の攻略法かと。。

ところで、何故、いまだにROM解析が出ないのかという点ですが、ぶっちゃけの話をすると、当のサミーでさえ、プログラム上のシュミレートと実際の出球が合わないからという、ちょっと複雑な要素があるらしい。

777ネットでは、サミー提供のソフトによるエウレカセブンが現在β版で稼動しているが、いかんせん、理論値と実機の差が激しい。これは、実際打ってみればなんとなく分かるもの。メーカー作成でも合わないのは相当に深刻な異常事態。

なので、PS2でのゲームもでないのではと思います。
(エウレカプロジェクトとしては、ゲーム化が望ましいスタイル)

では、何故、そうなるのかといえば、どうやら、システムの複雑化が原因らしい。
今回のエウレカセブンは、メインROMのほかに、サブROMがあり、そのCPUもデュアルタイプの制御方式だ。
BIGボーナス制御と、C-mode制御は個別に駆動させているために、システムが複雑化しているのだ。

無論、プログラムを入れているのだから、振り分け数とかのレンジが分かっているとは思うが、さすがにそこまでは、サミー側も提示しないでしょうし、ダブルリンクROMのプログラムをいくら、個別にデーターを抜いて調べても、解析結果が実機と合わない結果になってしまっては、解析ともいえず、これはプログラマーに直接聞かないと分からない問題。

また、分かっているだけでも2個以上バグがあるため、更に解析が困難になっているようです。

いずれにせよ、約1/65000の中ちぇでもC-mode5発〜ってのを考慮すると、単発の当たりで、最高10ナビがいいところではないのかなぁとは思いますが、この数が出ちゃうと、がっかり感が市場では出ちゃうので、やはりシークレットのままの方が、マーケティング的には正解だとは思うしね。

もしかして、ナビ回数という振り分けでないかもしれないし。
どうもナビ回数は、テーブル制御くさいんだよね〜。

■現在実践上でC-mode当選回数はこれかなぁという数。

 BIG中の7揃い・・・・95%以上 1回
 C-mode中BIG当選・・・・・・    1回
 REG5択、全正解・・・・・  5〜10回
 赤7、星に願いを・・・・・・・5〜10回
 
 高状態の方がC-modeストック数が多いのは明白。
 単発で10連以上はないのでは?
 上乗せ無しで、チャールズ夫妻までいった試がない。



PUSHボタンだ!!
pushy.jpg

スポンサードリンク

飲み会でお得なクーポンといえば、ホットペーパー。ネット版の方が予約も簡単で、そのままクーポン使用となるので、便利です。
posted by たつじぃ at 03:20 | Comment(1) | 攻略情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

10個ストックとかないし
Posted by at 2011年04月18日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
PUSHボタンを押せ!!
pushy.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。